ソーシャルアパートメント

シェアハウスとはちょっと違うソーシャルアパートメント

シェアハウスとは似て非なる存在のものがソーシャルパートメントです。
シェアハウスの場合、小さい家の中に数人が生活するというタイプの家です。一軒家やマンションの一室をシェアして生活するのがシェアハウスですね。

このシェアハウスの場合、「何人かでシェアをして生活をするので家賃や生活費をきちんと折半することができる」というメリットがありますが、あまりにも人との距離が近すぎるために「息が詰まる」「生活がしにくい」などという悩みをあげる人もいます。

確かに、シェアハウスで生活をしていると自然に人と人との距離感が近くなりますので、そういう意味で「やっぱり向いていない」という人は多いでしょう。
そこで、ご紹介するのがソーシャルアパートメントの存在です。

ソーシャルアパートメントは、「個室があり、そこで生活をしてリビングやトイレ、お風呂は共有」というタイプの施設。
共有部分も大きいですが、個室があるので最低限のプライバシーを守ることができるというメリットがあります。

シェアハウスを苦手とする人の場合、やはり問題になるのが「どこに行っても人がいて、常に誰かの目を気にしなければならず、それがキツイ」ということ。それが嫌になり、部屋を出るという子は少なくありません。

共用部分がとっても豪華なソーシャルアパートメント

ソーシャルアパートメントの大きなメリットのひとつに、「共用部分がとても豪華」というものがあります。
リビングには大きいソファやテーブルが置いてあり、さらにはヨガルームやビリヤードの部屋などがあり、いろいろと楽しめる施設が充実しているのが特徴。

中には、本当にゴージャスな共有ルームがあり、そこで過ごすのが一番のストレス解消だというひともいるほど。本当にいろいろなメリットがある家です。ソーシャルアパートメントなら、シェアハウスがダメだったという人でも入りやすいので、こちらに入るという人は思った以上に多いみたいですね。

こういうソーシャルアパートメントを探して、シェアハウスと比較をして生活をしてみるというのも手です。

ソーシャルアパートメントの中で部活をするところも

ソーシャルアパートメントはたくさんの人が住むことが多いので、趣味が合う人同士が連れ立って遊びに行ったり、サークルをしたり・・・ということも少なくありません。

趣味が合う人がいれば、とても楽しんで生活をすることができる場所ですので、ぜひ楽しんでみて下さいね。