家が広いと最高です

やっぱし大きなソファーと見ごたえがあるテレビと広いお風呂があるって最高ですよね。
一人暮らしをしていた時は狭いアパートで一人暮らしをしていたので、
身の回りにあるものは全てコンパクトサイズでした。
テレビやテーブル・ソファなどもすべて小さい目のサイズで思い切りくつろぎたくても
なかなかくつろぐことができなかったです。
それに一番不満だったのがお風呂でした、基本的に狭いアパートでしたのでユニットバスなのは
仕方がないかもしれないですが、お風呂とトイレが一緒になっているし、それに面積があまりにも狭いですし、
自分がトイレをした後にお風呂に入浴できるかと言われたら絶対にできなかったです。
お風呂とトイレが別々になっている部屋が羨ましくて仕方がなかったですね。
でも東京シェアハウスで生活をし始めてからはこうした心配はなくなりましたし、
ましてや一人暮らしをしていた時よりも相当快適な生活を送ることができているのが最高です。

仕事から疲れて帰ってきたらリビングにある大きなソファーでゴロゴロとくつろいだり、
お酒を飲んで気持ちよくなってそのまま朝までそこで寝ていたり、
そして大きなテレビがリビングにあるのでドラマや映画鑑賞をするときは
かなり満足な画面で見ることができるのが最高です。
こんなに大きな画面で見ることができるってもしかしたら実家で住んでいた時以来ではないかなと思いましたね。

そして最大の魅力はお風呂とトイレが別々になっていることです。
トイレが個室というだけでも最初かなり感動しましたね。ゆっくりと用を足すことができるし、
それにウォシュレットもついているのでトイレの時間ですら優雅な気分にさせてくれます。
お風呂も広々として気持ちがいいです。
基本的に光熱費込ですのでお風呂に関しても遠慮なく使うことができるのが最高です。
湯船にたっぷりお湯をためてのんびりと仕事の疲れを取ることができるのです。
一人暮らしの時は光熱費のことを考えてシャワーしか浴びていなかった時期がありますが、
東京シェアハウスで生活をし始めてからは基本的に毎日湯船につかっている状態です。
もちろん3人で交代で入るのでそれほど長いことお風呂につかることができないですが、
一番最後に当たると思う存分お風呂タイムを楽しむことができるので本当にラッキーです。

こうしてみると一人暮らしをしていた時のほうが窮屈だったのではないかなと思うことが非常に多いです。
シェアハウスでしたら大きなソファーで画面の大きな液晶テレビで鑑賞することができるし、
お風呂だって肩までたっぷりのお湯につかって時間をかけてゆっくりとリラックスすることができるので
本当に最高ですね。さて東京に住んでいる働く女子の皆さんもこれからは
シェアハウスで暮らしてみることを検討されてはいかがでしょうか?
基本的に広い家の中で生活をすることができるので、かなり快適な生活を実現できること間違いなしってところですよ。