東京は温かい場所

東京のイメージって地方の人からすれば、おしゃれで時間の流れがとにかく早くて仕事やプライベートにばかり追われていて東京での生活はすごく苦労しそうだと考えてしまいます。
さらに地方の人は東京の人はすごく冷たくて人情味を感じることができないと思う人も多いですが地方の皆さんが思っている以上に実は東京ってすごく温かい街なのです。
東京はとにかく人であふれています、こんなに人ばかりの東京の中で生きていくためには自分一人だけの力で生きていくことはまず不可能です、絶対に誰かの力や支えがないと地方から上京してきた女の子が東京で一人で生きていくのは難しいです。
初めて東京で暮らすのでしたら一人暮らしをするよりもシェアハウスで生活をしてみるのはいかがでしょうか?
シェアハウスでしたら、大きな家で数名で一緒に生活することができるし、それに家賃・光熱費だって一人暮らしをするよりもかなり経済的にお得です。
肝心な部屋ですが、これはシェアハウスにもよりますが1室丸々与えてくれる物件もありますし、テレビで何度か拝見したことがありますが相場よりもかなり格安のシェアハウスでしたら何と押入れの中で生活をするというリアルドラえもんのような物件もあります、まぁ押入れで生活するというのは本当に金銭的に窮地に陥った時の最終手段として取っておいたほうがいいかもしれないですが、シェアハウスを選ぶときはできる限り普通の部屋を一室与えてくれるようなところがベストです。
シェアハウスのルールを守りながら自分とは境遇が全く異なっている誰かと一緒に暮らしているうちに、妙な家族感を生み出すことができます。
人とふれあっているうちに東京に住んでいる人たちって以外に優しくて温かい人が多いのだなと感じてくるのです。
東京で暮らしていると時間に追われることばかりだと思っていたけれども、シェアハウスで生活していると実家の時と同じ感覚で生活を送っているような気がしました。
ご飯をみんなで一緒に囲んだり、リビングに集まってみんなでドラマを鑑賞したり感想を言い合ったり、学校やバイト先で悩んでいることがあったら相談に乗ってもらったりと大都会東京に住んでいるのに、毎日温かいものを感じさせてくれるのはきっとシェアハウスのおかげだと思いましたね。
東京に住んでいる女の子たちが最近一人暮らしをするのを辞めてシェアハウスに切り替えをしている理由がなんとなくわかってきたような気がします、お金だけの問題ではなく人の温かさ優しさを欲しがっているのかもしれないです。
過酷で冷たい東京で生きていくためにはシェアハウスという自分にしかないたった1つの居場所を確保することで、力強く東京の街で生きていくことができるのではないかなと思いました。
今後結婚などの人生に関する大きなイベントごとがない限り、きっと私はこのシェアハウスから出ていくことはないでしょう。
それほど暮らしやすい場所ということです。