プログラマの為のシェアハウス

これからを時めく人材

ここ数年で急速に発展したインターネット…今までは時間もお金も掛かっていたことが、ネットを通じて瞬時に出来るようになって当初は誰もが驚きを隠せませんでした。
大きな衝撃を受けた時期に比べてインターネットの世界は少し落ち着き始めましたが、私達の生活にはすっかり無くてはならないものの1つになりました。
そんな、今を時めくインターネットの世界を裏で支えているプログラマーという仕事をみなさんはご存知でしょうか。

プログラマーとひと口に言っても、実はさまざまなジャンルに分かれているようです。
インターネット上に公開されるプログラムを開発する人・パソコンやゲーム機・スマートフォンでのゲームを開発する人・炊飯器などの機械にプログラミングする人・セキュリティーソフトといったソフト開発をする人など…細かく見てみるとこんなに細分化されているのですね。

ネットの業界がここまで広がっているので、プログラマーの需要も当然高まってきており若い世代にとってプログラマーは憧れの職種であったりもします。
このように、ある特殊な技能を持った人たちでルームシェアをして暮らそうという、いわゆるコンセプト型のシェアハウスが最近増えて来ているのです。

情報の共有で切磋琢磨

このようなコンセプト型のシェアハウスの大きなメリットとして挙げられるのは、同業であるため知識や情報の交換をより深く・密にすることが出来る…という点です。

プログラマーの世界を見てもさまざまな分野があるので、自分に関わりの少ない部分の知識は乏しい場合もあります。
そんな時に同じ業界で活躍している人がいれば、その最新の技術や情報を共有することができるのでお互いに切磋琢磨して自分の世界を広げていくことが出来るのです。

今の時代、情報は溢れるほどありますが本当に使える情報は意外と少なかったりするものです。
そこで現場で働く人の生の声を聞くことが出来ることは、とても意味のあることではないでしょうか。

特にインターネットの業界は次々に新しい物が出て来ては、フェードアウトしていくのもとても早いです。
波に乗り遅れてしまうと使い物になりません。

そんな瞬発力のいる仕事だからこそ、同じ業界の人同士で共同生活をしていくことは非常に大きなメリットだと思います。

興味のある方は是非インターネットで検索してみて下さい。
シェアハウスの条件もさまざまなですが、初心者さんOKのところや現場ですでに実績を出している人限定の高度なシェアハウスもあります。

インターネットがあり続ける限り、プログラマーという職業はなくなりません。
まだ見ぬ未来のためにも、プログラマーという仕事に就きたいと考えている方は是非検討してみてはいかがでしょうか。