東京シェアハウスと一人暮らしとの比較

最近シェアハウスという言葉をよく耳にするようになってきています。
都内ではシェアハウスがどんどんつくられているようです。

シェアハウスとは、一つの家を数人で借りることによって家賃を安くしようとしているものです。
それは友達同士で暮らすというのとはまったく別のもので、他人と数人で暮らす物件になります。
プライベートの空間はあるのですが、基本的なリビングやキッチン、トイレは共同でつかうような形態になっています。
とくに、東京ではいまシェアハウスの人気が沸騰しているので、そんなに珍しくありません。
では都内でシェアハウスに暮らすのと、一人暮らしをするのではどのようなことが違うのでしょうか?

まずは、賃料の負担が少なくていいということで、一人では自分ですべてまかなわなくてはいけません。
とくに東京に住むということはたいした広さがなくても、10万くらいは当たり前に支払うので負担は大きいものです。
これがシェアハウスですと人数で割った金額になるので、そのぶん負担は減るということになります。

さらに、シェアハウスの場合は不動産契約にありがちな敷金、礼金は発生しないというメリットがあります。
これはとても大きいと思うのです。
これが一人でマンションやアパートに住む場合でもそれらは発生するのでかなりの負担になります。
シェアハウスの場合は、簡単に契約ができますし引っ越しも簡単にできるので気楽に利用できるということもあります。

また、シェアハウスはいつでも数人で利用することからだれかが、家にいるという状況になるのです。
ですから一人暮らしでのさびしさというのが、あまりないということもあります。
とくに病気をしたときなど一人では不安でしょうが、だれかがいるということで安心感にもつながるのです。

ただ、一人ぐらしのような気楽さが大好きという人にはシェアハウスはむかないでしょう。
ほかの人と暮らすということには、最低限のルールはあります。
掃除は当番でやらなくてはならないでしょうし、他人に迷惑をかけない生活をするのは大人として当たり前のことだからです。
それらができて、はじめてシェアハウスで暮らす資格があるといっても過言ではないのです。
ですから人と話すのが好きとか協調性があるという人、
あるいは自分を変えてみたいという気持ちがあってシェアハウスに住むのでしたら、きっと暮らすことでのメリットはあるのでしょう。

自分の性格にあわせて、一人暮らしかシェアハウスか選択するといいでしょう。