友達と一緒!

東京で一人暮らしができるのは今や正社員として満足できるお給料をいただいている人だけでは
ないかなと思うことがあります。特に東京で働いている女の子で、
一人暮らしができていたとしてもかなり金銭的に厳しい状況に追い込まれているのではないでしょうか。
私の大学の友達も最近では一人暮らしをするのをやめて、
同じ大学ですごく仲が良かった友達と東京シェアハウスで暮らし始めることにしたそうです。
家賃や光熱費などは全て折半だし、友達同士ですのであまり気を使うことなく
楽しく生活を送ることができるので彼女たちなりにシェアハウス生活を楽しんでいるみたいです。

周りをよく見渡してみると最近では一人暮らしをするのをやめてルームシェアで
友達や恋人と一緒に暮らしている傾向が年々高まってきているそうです。
どうしても東京で生活するとなると家賃がすごく高いですよね。
一人暮らし用の物件でも最低6万円かかってしまいます。
ですけれども2LDKくらいでしたら、10万で見つけることができるし、
下手したらもう少し安い物件を見つけることだってできるかもしれないですよ。
一人暮らしで金銭的に窮屈な生活を送っているよりも、二人で協力して一緒の部屋で暮らしているほうが
かなり金銭的にも楽になりそうです。このようなメリットがあるので、
最近では女子同志で一緒に生活を共にするのが主流となりつつあります。
だってドラマや映画などを見ていても結構友達と一緒にルームシェアをしているという設定を見ることができるのです。

それに友達同士でしたら仕事や恋愛の話ですごく盛り上がることだってできるし、
仕事で何か問題があってへこんで帰ってきても友達が快く聞いてくれたりとか、
また自分が友達の悩みを聞いてあげたりとかお互いの悩みや喜びなどをすべてシェアすることができるのですから、
金銭的にも精神的にもすごく分け合うことができるのではないでしょうか。

友達のルームシェアの話を聞いていると本当に楽しそうです、
家にいるときだけは学生時代に戻ることができるし、
一歩外へ出ると瞬時に社会人モードに切り替えることができる、
こうしたプライベートでのメリハリをつけることだってできるのですから
友達同士のルームシェアもなかなか捨てたものではないです。

フリーターや派遣社員として働いている女の子が東京で一人暮らしをするのは、もう難しい時代が到来しています。
最近では一部メディアが「貧困女子」という新しい言葉を生み出すくらい
東京に住んでいる一人暮らしの女の子たちの大半はみんな切迫した生活を送っているのです。
「貧困女子」から脱出するためにも一度仲の良い友達と真剣になってルームシェアを
検討してみるのはいかがでしょうか?きっと良い決断を生み出すことができると思いますし、
早々と貧困から脱出することができるのではないかなとふと感じましたね。
それにルームシェアで暮らしているほうが、毎日面白いことばかりだと思いますよ。