光熱費でもめることはない!

ルームシェアとシェアハウスの違いで一番大きなものは光熱費の折半だと思います、水・ガス・電気の使い方って本当に人によって異なるものですので一人暮らしの時はさほど気にならなかったのですが他人の電気・ガス・水道の使い方を見ているとふと気になるところってたくさんあります。
使わない部屋の電気をつけたままにしておくとか、歯磨きをしている時に水を出しっぱなしにするとか、料理をするときにガスを使うのですが思い切りガスを最大にしてジュージューと料理をしているとか、どうして無駄にそんなに使ってしまうのかな?
疑問に思うことが多いです。
私は一人暮らしが長かったせいか、電気ガス水道の使い方に関しては相当ケチなほうだと自認しているつもりです。
だって無駄遣いをすればするほど自分の経済的負担がすごくかかってくるのです。
そしてシェアハウスへ引っ越しをしてからは基本的に家賃の中に光熱費などの共益費が組み込まれている状態ですので、正直光熱費のことをあまり気にしないでシェアハウス生活を楽しむことができています。
しかしこれがただのルームシェアとなりますと話は別です、極端な話になると凄く光熱費に関してケチな人と水道ガス電気に関してかなり無頓着に無駄遣いをしている人が一緒にルームシェアをするとします。
ルームシェアは基本的に家賃から光熱費まで折半するようなスタイルで一緒に生活をしているので、光熱費をせっせと節約している人と日々無駄遣いをしている人と同じ料金を折半して暮らすわけになりますので、いつか節約している人が怒り爆発状態になってしまうのではないでしょうか?
「どうして私はこんなに節約しているのに、あなたは無駄遣いばかりするの!!」とぶちぎれてルームシェア解消になるのも時間の問題かもしれないですね。
不動産管理会社の下で生活しているシェアハウスで生活しているとまず光熱費のことでもめることはほとんどないですね、だからガス・水道・電気代が安い高いでもめることはありませんので凄く気が楽な状態です。
これから全国でまた節電をしないといけない時期が到来するので、ルームシェアをしている方々がくれぐれも喧嘩しないようにお互いに協力しながらルームシェア生活を楽しんでほしいものですね。
私が住んでいるシェアハウスでも一応電気代15%オフを目指して節電をしてくださいと言う要請が来ているので、住民たちと相談して頑張って節電に励んでいくつもりです。
それに話を戻しますが、ルームシェアをされている方で光熱費について悩んでいるのでしたら、一度パートナーとじっくりと話し合ったほうが良いでしょう。
きっと話し合うことでお互いに考え方が変わってくると思いますし、話し合うことでもっと住みやすいルームシェア生活を楽しむことができるのではないかなとふと感じました。
ルームシェアで誰かと一緒に住んでいると一人暮らしをしている時以上に光熱費に関しても大事に考えてしまいますよね。