ルームシェアとシェアハウスの違いとは?

友達が親友とルームシェアをし、一方で私は初対面の方々とシェアハウスで共同生活を送っています。
そもそもルームシェアとシェアハウスって違いがあるのでしょうか?2つの言葉は似たようなものですが、
意味合いが全く違うと友達に指摘されました。
確かに自分のシェアハウス生活と友達のルームシェア生活を比べてみると
違いをどんどん発見することができましたね、これは比べてみる価値があると思います。

まずルームシェアに関しては仲の良い友人や知人同士で一緒に不動産屋さんを通じて部屋を借り、
敷金・例金・家賃なども頭割にするのが通常だそうです。
二人で暮らす部屋に導入する家電や消耗品等の備品も自分たちで用意します。
管理などは業者がやってくれるわけではないので、
何某トラブルが発生したときには二人または三人でしっかりと話し合って解決をしないといけないです。
業者は入らないですけれども、各々の感情を入り組んでしまうと
良い方向へ行ったり悪い方向へ転じてしまう可能性が非常に高くなるのも否めないですね。
それにルームシェアをするくらい仲が良いのに、仲が良すぎるがためにお互いの
気になる生活態度を申し立てることができなくて、楽しく一緒に暮らしているのに
非常にストレスをため込んでしまいそうになるのもデメリットの1つかもしれないです。
でもルームシェアって何もかもが半分こですので金銭的なメリットのほうが多いかもしれないです。
それに仕事で何か嫌なことがあってもすぐに友達に話を聞いてもらうことが
できるというのもルームシェアにおける最大のメリットではないかなと思いましたね。

そして一方で、私が現在生活をしているシェアハウスですが、こちらは完全に住人の募集や
管理などは不動産業者が行うものです。そして何か金銭的なトラブルが発生したとしても
必ず業者が間に入ってくれて問題を解決してくれるので、ある意味ではドライだけれども
契約書にのっとってちゃんと解決してくれるので感情的にならずに済むのがすごく助かるところです。

そして家具や家電なども私が入居するときにはあらかじめ用意されていました。
というよりもこの物件はそもそもシェアハウスとして貸し出している物件でしたので、
業者がすべて用意したものです。それに一番うれしいのが敷金礼金が一切不要なところや
定期的なメンテナンスなどはすべて業者が勝手にやってくれるということです。
でもデメリットだってあるのです、私はまだ全く体験していないのですが、
新しく入居する住人が少し変な方だったりすることもたまにあるそうです。
こうした方がやってくるとせっかくの生活リズムが崩されることになりかねないですし、
トラブルの下にもなります。だから基本的に新しい住人さんが
この人が良いというのを決めることができないのが少し辛いところですよね。
こうしてみるとシェアハウスだってルームハウスだってメリットとデメリットがあるものですよ。
皆さんでしたらどちらの物件で暮らしたいですか?