友人と他人とではどう違うのか?

ルームシェアは部屋数の多い家や建物などのうち、分
割して住むことが出来るとても優れた住まいの探し方のひとつです。

最近は友達同士でシェアをするという場合もあれば、
ルームシェアをビジネスとして行う場合もあります。

これはどちらも一長一短ですが、
まずはルールをきちんと決めておく必要があることは、どこも一緒でしょう。

まず、友達同士の場合は気を使わなくてもいいということと、比較的安く住めるということが利点です。
友達同士の場合は特に友人の人柄に左右されることが多いようです。

たとえば、友達同士と言っても、お互いがルールを守るということに敏感であれば、
一度決めたルールを守りやすく、そう簡単にルールが破られるようなことはないでしょう。

一方、だらしない友人が一人いれば、その人のルール破りによって迷惑をこうむる場合もあるようです。
そして、住む場所を決めやすいのも利点でしょう。

あらかじめメンバーが決まっているのもそうですが、
その友人たち同士でお金を出し合うので、
家賃が少し高めの物件でも借りやすいのがメリットですよね。

また、もし当人たちが了解していれば、
安い物件でも狭い物件でも選ぶことが出来るので、選択肢がとても広いのです。

一方、ルームシェアをビジネスとして行っている場合は、少し様子が違ってきます。
他人と一緒に住む場合は、ルールがより厳しく決まっているということ、
そして設備が充実していることが魅力です。

まず、なんといっても他人と一緒に住むのですから、ルールがとても厳しく決まっていますね。
門限や洗濯機の使い方などについても決まっています。

特に音に関してのトラブルは多いので、
音に関してのルール決めは厳しいようで、設備も充実しています。
基本的に一人一部屋で、最初から設備がきちんとしているところが多いようですね。

家具家電付きのところも多いのですが、
中にはお風呂やシャワーなどが部屋ごとについている場合もあります。

また、ルームシェア専用の物件の中にはユーモアあふれる物件も多数あります。
たとえば共同の菜園がついていたり、
音楽スタジオやダンススタジオがついている場合もあるのですよ。

これらは無料で使えることがほとんどです。
しかし、便利できれいな分家賃は割高でしょう。
友人と暮らすのと比べるとやはり気を遣いますが、
ルールをきちんと守ってくれる人が多いものです。

また、性別を指定してあることが多いので同性が多いのですが、
友人が増えるという利点もあります。